1. HOME
  2. ブログ
  3. 同期大好き

同期大好き

恋愛は差別化と興味付が大切です。
『ツンデレ』なんて言葉もありますが、非常に理にかなっているわけですね。

片思いの人の気を引きたいならこうしなさい。
『その人からのラインにはすぐに返信しなさい、そして10回に1回くらいはわざと無視』
これで気になるあいつは、君に興味づいてしまうはずです!
「どうしたの?いつもならすぐに返事くれたじゃんか!俺、何か悪いことした?なんでなんで?ぶえーん!」ってなもんですよ!

営業やマネジメントにも同じことが言えるかもしれませんね!
…言えねーか!(笑)

では、STONE CIRCLEの恋愛マスター、イメージカラーは黄色、バズーカ関のブログが始まるよ!

求人をかける上で、知っておいた方がいいことって言うのはあるわけで、それはアルバイトでも正社員でも同じ。
若いスタッフの雇用のためにも、『若者の就業感』は知っておいた方がいいわけです。

実際、求人の依頼を頂いた際、お客様とも『若者の就業感 5つのワード』の話をよくします。

・満足臨界(まんぞくりんかい)
・成長実感(せいちょうじっかん)
・自己肯定(じここうてい)
・同期連帯(どうきれんたい)
・私仕融合(ししゆうごう)

今回は、『同期連帯』について、すこーしだけ話をしたいと思います。

今の若者は、同期をとても大切にします。
私(40歳)が社会人として新人だった頃、困ったときはすぐ上の上司に相談したものです。
その方が解決への近道だと思ったので。
で、今の若者はどうかというと、、、、
…はい、その通り、同期同士で連絡を取り合って解決しようとするわけです。
「どうやったら売れるかなー」
「そうだねー、こうしたら売れるのかねー」
…新人同士で考えたって、売ったことないんだから売れないですよね。

また同期を大切にするあまり、同期が辞めるって言うと、一緒に辞めちゃったりします。
なので、新人を『同じ時間に一緒に帰さない』という会社さんもあります。

また、最近では新人の研修中は「ブラザー制度」を設けている会社も増えています。
とにかく、新人は教育者の先輩とずーっと一緒にいて仕事を覚えていくと言う制度です。
悩み事から全て、聞く相手は教育者の先輩になります。

同期連帯世代、良い面もあれば悪い面もあるのかもしれません。
同期連帯世代を知って、マネジメントに活かしてくださいね。

では、時々、朝起きると泣いているときがある、ストーンサークルの(イメージカラーは黄色)陽気で明るい求人担当バズーカ関でした!
 

関 卓也メンバーページへ
1977年生まれ、千葉県千葉市出身。大学卒業後、求人広告代理店に約7年の後、31歳の時に独立。営業スタイルとして、顧客ニーズのヒアリングから、掘り下げ、提案までのプラン作成、競合や顧客の発想をより具体的な戦略へと導くストーリー展開を描くことによる『シナリオ営業』を得意とする。…続きを読む

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事