1. HOME
  2. ブログ
  3. これはアウトです!!!! (佐藤洋介ブログ『ガード下の赤ちょうちんから、愛を込めて。』no.9)

これはアウトです!!!! (佐藤洋介ブログ『ガード下の赤ちょうちんから、愛を込めて。』no.9)

『ガード下の赤ちょうちんから、愛を込めて。』vol.9

今日、ガード下にある壁は油まみれの、安い焼き鳥屋で飲んでいるのは私、佐藤とストーンサークルでお馴染み「バズーカ関」さんです。ビール片手に、焼き鳥をつまみながら、採用について話をしています。


 

佐藤
関さんにちょっと伺いたいことがあるんですが…

ん、なんでしょう。モグモグ…

佐藤
関さんは採用の広告媒体は販売する代理店ですよね

そうですね。結構、詳しいですよ!

佐藤
僕の友人が経理職を希望していたんですが、経験がないということで躊躇していたんですね

はいはい。グビグビ…

佐藤
それで、インターネットの求人広告で経理の募集を見つけ、未経験者歓迎だったので応募したんです

なるほど。嫌な予感しかしないですね(笑)

佐藤
そうなんですよ~。面接を受けて、社長も出てきて、その場で内定。他にも面接予定のところだったところに辞退連絡を入れて、とても喜んでいたんです

でしょうね。それで?

佐藤
で、出勤初日に行ってみたら、最初は仕事を覚えるため、経理にも役立つからということでコールセンターに配属され、彼も研修ということもあるだろうからと、いうことで渋々、コールセンター業務をしていたんです

ぐお!

佐藤
しばらくしても、何の音沙汰もないので、社長にいつから経理なのか確認したら、おいおいねと言われたそうなんです

完全にアウトです!

これを読んでいる、経営者さま、人事責任者さま。

自社でこんなことはしていませんよね?

求人広告において、応募職種で釣っておいて、採用後違う職種の仕事をさせるのはご法度です!

以前、営業職が採用できないために、営業職と謳わずに、「総合職」や「コンサルティング営業」、「ソリューション営業」など少し職種名をカッコよくして採用するという手法が流行りました。
この場合は、応募職種の仕事内容と、入社後の仕事内容は変わりませんので問題ありません。

しかし採用したい職種が集まらないため他の職種で集め、採用しておいて他の仕事をさせると言うのは完全にアウト!
これが求人広告会社に知られたら、解決するまで掲載がストップとなります。
さらに、労働基準監督署に訴えられたりしたら…。犯罪者扱いです。

しかし、労働者側、つまり雇われている側は、会社を辞めたくない、仕事を失いたくないということで泣き寝入りするケースが多いです。なんだか、痴漢などの犯罪に近いですね…。
知らなかったでは済まされません。知っていてやったいたとしたらかなり悪質です。

もちろん、企業側の言い分もわかります。
採用できなければ死活問題。潰れるかもしれない。潰れたら社員の生活はどうなるんだ。
わかります。わかりますが、だからやっていいと言う問題ではないのです。

採用できなければ大ダメージ。
悪いとわかっていながら、やってしまっても大ダメージ。
どちらを選ぶかという問題のように見えますが、答えは、
「悪いことはせず、採用する」
です。
採用できるように知恵を絞る、工夫をする。そうでなければ、お金をかけてでも専門家に頼む。
そして、自社の健全化を図る。こうしなければ、悪循環に陥り続けていくのです。

佐藤 洋介メンバーページへ
大学(日本史専攻)を卒業後、採用コンサルティング会社・ソフトウェア開発会社を経て、2018年にフリーランスへ。「人材の成長を促し、組織の成長サイクルを加速する」をモットーに、性格タイプ理論をもとにした人材採用領域、研修領域でビジネスを展開。近年は対話型組織、人間学にも注力し、組織に所属する人たち一人ひとりが輝ける場づくりを実践している。…続きを読む

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事