1. HOME
  2. ブログ
  3. 海外で新卒のハイスキル人材を採用し続ける会社の採用施策とは

海外で新卒のハイスキル人材を採用し続ける会社の採用施策とは

IT人材不足が叫ばれる中、統合基幹業務システム(ERP)大手の株式会社ワークスアプリケーションズは、アジアの優秀な学生を大量に採用しています。

米グーグルやアマゾンなどと人材獲得競争を行い、採用した数は、2017年4月入社で、約200人。

 

他の日本企業の中にも、海外での新卒採用を試みているところもありますが、多くの企業がうまくいっていません。

 

その中で、なぜ、ワークスアプリケーションズは、結果を出し続けられているのでしょうか。

 

海外採用の責任者である成沢友和氏が、その理由のうちのひとつをNIKKEI STYLEのインタビューで次のように答えています。

ワークスは10年近く前から海外採用を進めている。成沢氏は、その経験からインド、中国、シンガポールの学生の「お国ぶり」には、はっきりした違いがあると指摘する。各国の優秀な学生は、将来のキャリア形成を強く意識しており、新人のうちから戦力として働きたいという意欲もある。

ワークスでも海外で採用をはじめた10年ほど前は、採用した人に日本で働いてもらっていたが、限界を感じたそうだ。「優秀な人材を獲得するには、海外エンジニアが働きやすい環境づくりが最優先」(成沢氏)と考えると、働く場所を日本に限るのは、もう無理なのかもしれない。

ワークスアプリケーションズでは、営業目的ではなく、採用のために、シンガポールと上海に大型の開発拠点をつくったと言います。

シンガポールでは、様々な国籍のスタッフが働き、世界屈指のレベルとされるインドのIT出身者もいるとのこと。
インドの学生は、どの国でキャリアをスタートさせるかを重視するため、世界の一流が集まるシンガポールに拠点をつくることで、インド人技術者を採用できると考えたそうです。

 

一方で中国の学生は、「一人っ子政策」と独特の戸籍制度の影響があり、家族や恋人のそばにいられるかどうかが企業選びのカギになるとのこと。

 

つまり、ワークスアプリケーションズは、働き手の背景にあるニーズをよく知り、拠点をつくり、新卒で入社後すぐに活躍できる場をつくることで、非常に多くのハイスキルな学生の採用に成功したのでしょう。

 

これは何も海外の学生の採用に限った話ではないかもしれません。

 

日本企業は、長年、転居を伴う異動や海外赴任は、本人の希望よりも会社側のニーズで決まるケースがほとんどでした。

でも最近は、「地域限定社員」など、勤務地を限定した雇用形態も生まれてきています。
また自宅やサテライトオフィスなど、会社以外の場所で働く「テレワーク」も普及し始めています。

働き手の事情を会社としてしっかりと受け止め、経営戦略の中でどう解決していけるのか真剣に考え、新卒採用をどう進めていくか、改めて考えるときが来ているのではないでしょうか。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事